NTT 171伝言メッセージ

大地震が発生した場合には通信集中(輻輳=ふくそう)等により電話が繋がらないことが想定されます (内閣府の発表では首都直下型(M6.9)が発生した場合、最大2週間程度電話が使えなくなる事態を予測しています)。 このような状況に備え、NTTでは「災害用伝言ダイヤル(171)」サービスを用意しています。

いざという時の各部門・各家庭における安否連絡の補完手段として有効と考えられますので、 この機会に使用方法を是非確認し実際に試行してください。


1.概要
地震等で通信の輻輳が発生した場合に概ね都道府県単位でサービス開始
(NTTよりラジオ・テレビ・インターネット等でサービス開始を周知)
被災地域内の固定電話番号(携帯電話番号不可)をキーに、1回30秒、最大10件伝言録音が可能
(保存期間48時間、録音件数は状況により変更される場合あり)
本サービスは一般の固定電話のほか、公衆電話や携帯電話でも利用可

2.利用方法
 (1)伝言の録音方法

  ①171をプッシュ
     ↓    
  ガイダンスが流れます
     ↓    
  ②「1」をプッシュ(暗証番号を利用する録音は「3」)
     ↓    
  ガイダンスが流れます
     ↓    
  ③被災地の方はご自宅の電話番号、被災地以外の方は
被災地の方の電話番号を市外局番からダイヤルして下さい
     ↓    
  ガイダンスが流れます
     ↓    
  ④「1」「♯」をプッシュ
     ↓    
  ガイダンスが流れます
     ↓    
  ⑤録音(30秒以内でお話し下さい)

 (2)伝言の再生方法
  ①171をプッシュ
     ↓    
  ガイダンスが流れます
     ↓    
  ②「2」をプッシュ(暗証番号を利用する録音は「4」)
     ↓    
  ガイダンスが流れます
     ↓    
  ③被災地の方はご自宅の電話番号、被災地以外の方は
被災地の方の電話番号を市外局番からダイヤルして下さい
     ↓    
  ガイダンスが流れます
     ↓    
  ④「1」「♯」をプッシュ
     ↓    
  ガイダンスが流れます
     ↓    
  ⑤再生

3.体験利用
 毎年、全国防災週間には「災害用伝言ダイヤル(171)」を体験利用できます
 また、各社携帯電話事業者が提供する「災害用伝言サービス」も状況に合わせてご利用下さい。

4.その他
 NTTでは、インターネットを利用した「Web171」も提供しています。
 (その他、毎月1日も体験利用可)