リユース:製品の再生

私たちは、リユースを目的とする仕事のひとつとして、使用済みの製品を再生製品として生まれ変わらせています。

コピー機(デジタル複合機)はその代表的な製品であり、以下のようにして再生させた製品を、再生複合機(キヤノンサイト)として市場に出荷しています。

回収

回収

再生複合機の候補となる、使用済みのコピー機(デジタル複合機)が回収されてきます。

受け入れチェック

受け入れチェック

機能や外装の状態を総合的に調べ、再生製品として利用できるものを選別します。

分解

分解

外装パネルや再生できる部品をすべて取り外し、ほぼ骨格となる金属のフレームだけとなるまで、分解をします。

フレームの洗浄

フレームの洗浄

フレームをまるごと機械の中に入れ、スプレーガンのようなものから、エアと一緒にドライアイスを噴射して洗います。(ドライ洗浄)

外装パネルの洗浄1

外装パネルの洗浄1

回転するテーブルに並べた外装パネルに、エアと一緒に細かい粒(リサイクル素材)を自動噴射して、汚れを削りとります。(ブラスト洗浄)

外装パネルの洗浄2

外装パネルの洗浄2

水槽に沈めた外装パネルを、超音波を使って洗います。(超音波洗浄)

外装パネルの洗浄3

外装パネルの洗浄3

これまでの工程で行き届かないところを、アルコールなどを使って、人の手できれいにします。

外装パネルのチェック

外装パネルのチェック

洗浄を終えたパネルの色味が基準内かどうか、傷や割れなどがないかを、ひとつひとつ検査します。

組み立て

組み立て

洗浄したフレームと外装パネルに、再生した部品や新品の部品などを、順番に取り付けていきます。

調整・検査

調整・検査

すべての機能が適切に働くように調整をして、新品と同じ検査を実施します。

梱包・出荷

梱包・出荷

新品と同じ梱包を行った再生複合機を、市場へ出荷します。