くるみんマーク

くるみんマークとは、次世代育成支援対策推進法に基づき、仕事と育児の両立のための環境整備に取り組み、一定の要件を満たした企業が取得できる認定マークで、厚生労働大臣より「子育てサポート企業」に認定された証となります。

キヤノンエコロジーインダストリーは、働きやすい環境を作ることで全従業員が能力を十分に発揮でき、仕事と子育てを両立させることができるようにするために、2009年より行動計画を策定・実行し、2014年12月に認定を取得しました。

2009年10月 2009年10月1日~2014年9月30日までを計画期間(第一期)として5つの目標に取り組みました。

①男性労働者が期間中に1人以上育児休業を取得する。
②子供の看護のために休暇を取得できる制度として、現状無給として制度運用している子の看護休暇を傷病積立休暇(有給)でも取得利用可能とする。
③所定外労働の削減および家庭との両立への措置として、時間外労働・休日労働に関する協定内容を変更し、1カ月・1年間の時間外規制時間、特別延長時間を短縮する。
④育児休業・介護休業制度の周知や情報提供、および相談体制の充実を目的として「育児休業・介護休業相談窓口」の設置を行う。
⑤子どもが保護者である労働者の働いているところを実際に見ることができる機会を設ける。
2014年10月 2014年10月1日~2017年9月30日までを計画期間(第二期)として3つの目標に取り組みます。

①妊娠中および育児短時間勤務従業員への配慮
②育児休業相談窓口における活動内容の拡大
③妊娠中や子育て従業員に対して、会社制度や社会保険情報等の役立つ情報を分かりやすく提供できる社内情報共有システムへメニューを開設し、子育て従業員の不安を解消する。
2014年12月 2014年12月26日に次世代認定マーク「くるみん」を取得