私たちの地元

私たちの地元「坂東市」は、茨城県の南西部に位置しており、利根川をはさんで千葉県野田市と接した、水と緑のあふれる自然豊かな田園都市です。

「坂東市」は、平安時代に関八州を制した「平将門」が、朝廷の力の及ばない「坂東独立国」を造ろうとした地であり、この地の民と共に理想郷を築こうとした「将門」を敬愛する心が、今もあちこちに息づいています。

将門まつり1
将門まつり2
将門まつり3

毎年11月には、「将門」の勇姿を現代によみがえらせるべく、総勢100名の鎧武者が町中を練り歩く「将門まつり」が開催され、「将門」の名を冠した「将門ハーフマラソン」では、8,000名を超える市民ランナーが健脚を競っています。

将門ハーフマラソン1
将門ハーフマラソン2
将門ハーフマラソン3

なお、キヤノンエコロジーインダストリーのある「馬立」という地名も、「将門」と言えば「馬」と言って良いほど馬にまつわるエピソードが多く、その将門のゆかりということで馬にちなんだ地名がついています。

通勤距離の割合

「坂東市」とその周辺には、キヤノンエコロジーインダストリーで働く多くの人が暮らしており、地元ととても強く結びついた関係にあります。

地元の方々との良好な関係をこれからも維持し、親しみを持っていただける会社となるよう、今後も広く活動をしていきたいと思います。