社長挨拶

キヤノンエコロジーインダストリーは、2004年にキヤノングループの掲げる環境保証理念「資源生産性の最大化」を追求するために生まれた会社でリユースとリサイクルの2つを柱に事業を展開しています。

弊社では回収された使用済みのキヤノン製品を、再生複合機の製造や部品のリユースを行い再度キヤノン製品として使用しています。

金属・プラスチックなどは細かく分別し、マテリアルリサイクルすることでふたたび資源へと生まれ変わらせています。

「資源生産性の最大化」を追求すると共に、環境負荷を最小にすることを目指し、全社一丸となって環境対応技術の開発に努めています。これらの技術により、循環型社会・持続可能社会を実現する環境対応企業のモデルケースとなるよう、挑戦し続けます。

また、地域との共生、社会貢献活動への取り組みなどにも注力する事で、地域社会に親しまれ尊敬される企業を目指してまいります。

皆さまのご理解とあたたかいご支援をよろしくお願い申し上げます。

写真

代表取締役社長
坂井 雅紀