私たちの役割

私たちキヤノンエコロジーインダストリーは、キヤノングループの掲げる環境保証理念「資源生産性の最大化」を追求するために生まれた会社で、リユースとリサイクルという2つを柱に、事業を展開しています。

リユースとリサイクル

このリユースとリサイクルの2つを比べた場合、物質の形状を変えることをしないリユースの方が、環境に与える負荷が小さいといえます。そこで私たちは、このリユースをより大きく成長させるべく、高度な資源循環を実現する環境技術や再生パフォーマンスの向上に取り組んでいます。

私たちは、キヤノングループの「静脈工場」とも呼ばれます。メーカーがお客様に製品を届けることを、動物の血流にたとえて「動脈物流」と呼ぶのに対し、お客様から使用済みの製品を回収し、製品や有価物として市場に戻す「静脈物流」を担っているからです。

動脈物流と静脈物流

私たちのもとに回収される使用済み製品の量は、景気の動向に左右されにくく、比較的安定傾向にあります。これは、私たちの担う事業が、電力や水道といったライフラインに近いものだからであり、寿命を終えた製品をしっかりと回収し、責任をもって再生する「静脈物流」に取り組むことこそ、メーカーが社会的責任を果たすことにつながると考えています。

私たちは、「静脈工場」としての使命を全うし、キヤノングループ各社と共に社会/人類/地球に貢献したいと思います。